2014年09月23日

七大戦ジムカーナin京都 2014

―――2014年9月12日
北は北海道、南は九州から、全国七大学の自動車部員たちが、大阪・舞洲スポーツアイランドに集う。
冷たい朝。静寂を切り裂き、クルマたちがパドックに続々と入ってきた。
本番走行は2本。この限られたチャンスの中で、いかに速いタイムを叩き出すことができるか?
その一瞬のために、自動車部員たちは青春をクルマに捧げる。
練習を重ねて技術を磨き、バイト代をつぎ込んでクルマを仕上げていく。
親に反対されようとも、周囲の視線が痛くとも、クルマに懸ける学生たち。
年に一度の七大戦。大舞台の幕開けである―――




はじめまして、七大戦から帰還後まもなく体調を崩した北大自動車部2年目のone-Jです。
遅ればせながら、9月12日に行われた七大戦ジムカーナin京都 2014の参戦報告をさせていただきます!


まずはB1(前輪駆動車)クラス

綺麗だったノーマルEP82もいまや完全なダートラ仕様(デフ入)!この3ヶ月でラジエーター3枚斬りを達成!
壊しても壊してもまた息を吹き返す不死鳥スターレット!次期主将・高光(2)!
S__9986321.jpg


ジムカーナで上に行くため、直前に車を乗り換えました!車の戦闘力だけはトップクラス!
しかし行きのフェリーで寝ゲロするという最悪の滑り出し!一條(2)!※僕です
S__9994273.jpg


3年目にして道学連ジムカーナで圧勝したエース!去年の七大戦ジムカーナでは年目トップ!
更にJMRC北海道ジムカーナR1クラスシリーズ3位という好成績を収めた牧瀬さん(3)!
S__9986325.jpg


続いてB2(後輪駆動車)クラス

真っ赤な内装と追加メーター満載でイケイケなMR2は、部内でも指折りのハイパワーマシン!
七大期間中の口癖は「飛○新地行こう」!和菓子マネー万歳!清水(2)!
S__9994274.jpg

ドリフターですがジムカーナもガチ!かなりのハードチューンが施された自慢のS15が愛車です!
現役引退後はドリフトに専念するのでこれがラストジムカーナ!?辻さん(4)!
S__9986320.jpg

愛機・赤SWが七大戦を前にしてエンジン不調に陥り、同車種である清水のMR2でWエントリー!
「北大主将だ かかってこい!」暴れ馬を飼い慣らすMRマスター松本さん(4)!
S__9994275.jpg

B3(四輪駆動車)クラスには北大からのエントリーはなし。誰か四駆乗ろうぜ。


また、北大からは2名のOBの方がオープンクラスにエントリーしました。
インテグラでOP1クラスにエントリーの中出さん(5)!
S__9986317.jpg

RX-7でOP2クラスにエントリーの白尾さん(6)!
S__9986314.jpg

本番中は、ネットにリザルトの速報がリアルタイムでアップロードされるという新しいシステムによって大いに盛り上がりました!


さて、第1ヒート終了。
中間結果。

B1クラス
1.32.83 牧瀬さん@DC2
1.33.18 一條@EG6
MC 高光@EP82
牧瀬さんはパイロンを見誤ってしまい、そこからのライン修正により大幅なタイムロス。
そして僕も、パイロンを素通りしてよくわからない場所でサイドターンをするという謎のミス。
高光はパイロンを見落としミスコース(既視感)。と、B1クラス勢はミスが目立ちました・・・
それでもワンツーの東北に続いて3位と4位は北大!2本目頑張るぞ!と自身を鼓舞する僕。

B2クラス
1.34.90 松本さん@SW20
1.37.69 辻さん@S15
1.39.27 清水@SW20
スリッピーかつバンピーな舞洲の路面に苦戦した後輪駆動勢は、攻めるのがかなり難しいようでした。
主将・松本さんが、名大のロードスターに続き暫定2位につけます!
辻さんも入賞を射程圏内に捉えるタイム!接戦で、2本目での入賞争いの激化は必至です。
2年目・清水は痛恨のスピンを喫し下位に沈みますが、彼の実力はこんなものではありません。


そしていざ2本目!!


気になるリザルトは・・・

まずはB1クラス。

1位:1.27.59 下河辺選手@EG6(東北大・4)
2位:1.28.51 武者選手@DC2(東北大・2)
3位:1.30.28 牧瀬選手@DC2(北大・3)
4位:1.31.97 木下選手@GA2(東大・2)
5位:1.32.30 一條選手@EG6(北大・2)
6位:1.34.15 梅井選手@DC2(九大・3)


15位:1.47.16 高光選手@EP82(北大・2)

東北大学さんが圧倒的タイムでワンツーフィニッシュ・・・!素晴らしい走りでした。
そして北大から牧瀬さんが3位入賞、表彰台です!おめでとうございます!
僕も2本目でややタイムアップし何とか入賞圏内に留まりましたが、他大学の2年目にフルボッコに...
高光は、1本目は道学連ジムカーナを彷彿とさせるミスコースでしたが、2本目でタイムを残しました。


続いてB2クラス。
1位:1.33.05 小石選手@NB8C(九大・3)
2位:1.33.53 松本選手@SW20(北大・4)
3位:1.33.81 金光選手@AP1(阪大・4)
4位:1.34.32 稲熊選手@NB8C(名大・4)
5位:1.35.40 山田選手@SE3P(九大・3)
6位:1.35.71 植木選手@RPS13(東北大・3)

7位:1.35.77 辻選手@S15(北大・4)

9位:1.37.67 清水選手@SW20(北大・2)

我らが主将・松本さんが2位を獲得し、見事昨年の雪辱を果たしました!おめでとうございます。
辻さんは脅威のブースト1.4キロで捨て身のアタックでしたが、6/100秒差で惜しくも入賞ならず。
清水は2本目でも本領を発揮しきれませんでしたが、それでもB2クラス内の2年目では2番手!来年リベンジしてくれることでしょう。
B1クラスと比べると、上位に4年目の方が多いので、次回の七大戦では顔ぶれがガラッと変わるかもしれませんね。

ちなみにオープンクラスでは、中出さん@DC2がOP1クラス4位、白尾さん@FD3SがOP2クラス優勝でした!
白尾さんは現役B2クラスを加味してもぶっちぎりのケツ駆きオーバーオール!おめでとうございます!


ジムカーナでの七大学のポイントランキングは以下のとおりです。

1位:145ポイント 東北大学
2位:104ポイント 九州大学
3位:93ポイント 北海道大学
4位:61ポイント 東京大学
5位:52ポイント 大阪大学
6位:34ポイント 名古屋大学
7位:10ポイント 京都大学
(計・499ポイント)

というわけで、ジムカーナでの北大のポイントは昨年と同じ3番手となりました。
特に七大初参戦となる僕たち2年目にとっては、本州と北海道のレベルの差を痛感させられる一戦でした。
来年は現4年目の方々が引退され、現2年目が枠の大半を占めることになるため、切磋琢磨してより良い結果を残せるよう頑張っていきます!
また七大戦を見学していた1年目の2人も、七大学が本気で競い合う場を目の当たりにして少しモチベーションが上がったんじゃないかな?と思うので、いっぱい練習行きましょう(あと写真送ってくれてありがとう)!

ちなみに、ジムカーナ後は翌日のSSラリーに向けて車両整備する時間となっており、集合写真を撮影する余裕はございませんでしたorz

正式なリザルト(とアブナイ車名)はこちらからご覧になれます。

七大戦ラリーの記事は清水が書くことになっているのであとは頼んだ!

乱筆乱文失礼致しました〜


posted by 管理人 at 15:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。