2016年11月21日

(第1世代の)4G63と戯れよう!続き

宍戸です。
前回のブログで書いたようにエンジンが完成する前にブローしてしまいました。
予定というものは往々にして狂うものなのです。

というわけで下ろしました。
0C22376B-0777-479B-B973-58122A63E9A1.jpg

タイベルカバーを外して...
686B5B3A-045B-48DD-BBE4-5334105E7582.jpg
ん?


ん???
なんで噛み合ってるの!?これそういうものじゃないよね!?



DE12B223-7CEA-4E5A-8F74-C960381B54DB.jpg
ワーオ。スプロケットが割れてやがる。
ブローの原因はこいつでした。バルブヒットしてますね。


ま、ブローしたエンジンは置いておいて、っと組み上げ終盤!
なぜかヘッド組み付け当たりの写真がなかったので飛ばします。
76220B3D-F1EF-48C7-87EF-06C0250652DC.jpg
タイベル張り張り。部にタイベル張るためのSSTがあって助かりました。

というわけで!
2444FD40-7DAE-4625-86EC-877306D1DD3A.jpg
完成〜
すごく見にくい写真ですが白いカバーが組んだエンジンで左奥にあるのがブローしたエンジンです。


28769DF0-7FAA-4C97-BE05-5212CD6CBA27.jpg
はい!載りましたー
実際もこんな感じでスムーズにエンジン載ればいいのにな...


...キュキュブオーーーーン!
かかったー!やっぽーエボ2!復活!


...ラジ汁ブシャアアア(...古い?)
4F5A0030-6864-4247-8BA3-FAF04EA2C257.jpg
なんかのホースが外れてサビサビのクーラント吹きました。せっかく綺麗に塗ったのに...
まあつけ直していざ、試走!!

おっせええええええええああああ!!!
ゲロ遅です。なんじゃこりゃ...組み方間違えたか?レベル
そして...10km程で...アクセル踏んだらいきなりエンジンストール...。
セルを回してもかからず。とりあえず道路の端に寄せようと1速に入れてセルを回します。そうしたら一瞬かかりそうになってその後すぐガチャガチャ言って落ちる...。

まさか!まさか!!
エンジンブロー?(T . T)
そ、そんなあ...(T . T)
と、言うわけでやる気をなくし、しばらく放置しました。



〜北大ダートラ前日〜
もうちょい見てみっかー、くらいの気持ちで見てみると緩んでいるカプラーが...
まさか...まさか...!
キュ...ブオーン!


(^^)
はい。私はアホです。

というわけで北大ダートラ当日。
CC07A208-95DD-403F-A7A1-A9C0914A58A0.jpg
かっこいい。かっこいいんだが、1つ言っていいかい?


ゲロ遅。


そして2本目の途中でガス欠。はい負けました〜
まあトリエンだったのでガソリン入れて後を託して走らせる!が、また同じ症状...
ガス欠じゃねええええ
まあ無事に大会は終わりました。ビクビクしながら帰りました。特に何事もなく帰れました。その後も不調は出ませんでした。
(^^)


ということで非常に雑にO/H体験記を書きました。
まあなんだかんだ楽しかったです。
後から聞くと第1世代の4G63はイジると泥沼にハマる、というのが定説だそうです。
まあこの後の話はまた今度書きます。


あ、最後にかかったお金を計算してみます。

エンジンクリーナー  \1500
バルブスプリングコンプレッサー1 \2000
バルブスプリングコンプレッサー2 \6000
ピストンリングコンプレッサー \1500
ヘッドガスケット \3000
タコ棒 \200
バルブコンパウンド \1500
トルクレンチ \7000
-------------------------------------------
合計  \19700

ほぼ工具なのでまあいいでしょう。このエンジンに使ったのは3000円です。
メインテーマはクリアです。
但し、その後...。

というところでこのブログは終わりにしましょう。

では次号「(第1世代の)4G63と戯れよう!〜2度目〜」
お楽しみに 笑

posted by 管理人 at 00:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする