2022年11月26日

2022七大戦☆ジムカーナ

いまさら??


こんにちは あるいは こんばんは。4年目も佳境の原田です。


暦ももうすぐ師走に移ろうとしていますが、9月に3年ぶりに行われた七大戦in東北のジムカーナの模様についてお知らせしたいと思います。


まず、ブログ更新が大変遅れましたことをお詫び申し上げます。

一度1か月前ほどに(それでも遅い)ブログの原稿を書いていたのですが、8割方書けたところで写真を拾ってこようといったんページを移ったところ、ブログサイトの仕様上データがすべて消えてしまったのでした。

そこですべてのやる気を失してしまい、今に至ります。


私の大好きな漫画でかつ、世界屈指の名作でもある冨樫義博氏の「HUNTER×HUNTER」が先月約4年ぶりに連載再開いたしました。が、そんなことを知るよしもない9月に時は遡ります。。。


9月8日14:30に部室に集合した現役部員は荷造りを終え、苫小牧へ向かいました。

今回は苫小牧−仙台のフェリー(通称:とません)で本州に渡り、10日に福島のリンクサーキットでジムカーナ、13日に青森の切谷内でダートラという日程でした。

S__191184899.jpg

なにしろ、3年ぶりの七大戦ということで3年前の九州大会を経験した現役部員は私一人です。在学OBも日程が合わず引率できない中、伝統をどう引き継いでいったらいいのか悩みながらも、いざ苫小牧出港。げんこつを教えました。


船のなかで決起集会はコロナでそういうスペースが無く断念。翌9日10:00に仙台港に着岸。

ここからは福島の宿まで自由行動です。山岡家に行く組、松島に行く組、単独行動組、などさまざまでした。

そしてみんな無事に福島駅前のホテルに19:00集合。この日はみんなで集まって夕食。決起集会的なことをしました。


そしてジムカーナ大会当日。福島駅からリンクサーキットまで20分ほど、という近さで到着。各自準備に入ります。


出走は

【G1クラス】※排気量1600cc以下のFFで生産終了年がH16年1月以降の車両

2年目谷口(CBA−ZC31S)「北大ほくほくおいもスイフト」

S__191184903.jpg

4年目原田(CBA−ZC31S)「北大☆ひろゆき信者☆31スイフト」

S__191184902.jpg

【G2クラス】※G1以外のFF。

3年目三木(GH−ZZT231)「北見原産 よわよわTRDスポーツ性癖Mセリカ」

S__191184901.jpg

1年目川原(GF−CJ4A)「北大こう見えて性欲が強いゾミラージュ」

S__191184904.jpg

【G3クラス】※FR。

4年目渡邉(E−EA11R)「北大☆クソザコ激遅カプチーノ(手加減してね♡)

S__191184905.jpg

【G4クラス】※四駆

2年目小林(TA−GDA)「北大朽ちかけ青インプ」

S__191184906.jpg

の6台。


コースは序盤サーキットのコースを上って下って、その後大きな島をいくつか回りながらパイロンセクションに入るといったもの。

事前にYouTubeで見ていた以上の勾配、起伏で、特に登りのヘアピンでのブレーキングポイントが完熟歩行だけでつかみづらかったのが印象的でした。


表彰台は以下の通り。

3年目三木 G2クラス1位!1’22.504(現役クラスオーバーオールタイム!)

S__191184910.jpg

4年目渡邉 G3クラス4位 1’25.243

S__191184908.jpg

でした。さすがのお二人、おめでとうございます。


ジムカーナではどの車両も大きなトラブルは無く、大会終了。

応援にかけつけてくださった主に関東圏在住のOBの皆さんに最後に夕食までごちそうになりました!本当にありがとうございました!



ところでなぜ私がこのブログを書くことになったのかというと、、、



HEAT1:MC!!  HEAT2:MC!!!!!


というクソみたいな結果だったからであります。。。

先日の夏コンでも謝りましたが、現役部員のみなさま、応援してくださったOBのみなさま、大変申し訳ございませんでした。


言い訳は見苦しいのであまり書きませんが、プレッシャーに押しつぶされてしまい道がわからなくなりました。


現役最後の七大戦という貴重な大会で結果を残せなかったのが大変悔やまれました。3年目のみなさんは来年こうならないようにと反面教師にしてくれればと思います。



すみませんでした。



P.S.

七大戦後の北大マシンの様子を少し。


切谷内でダートラを無事終えた一向でしたが、そのまま本州へ帰省を計画していた2年目久保田のEG6が八戸でエンジンブローし、急遽北海道に戻ることになりました。

その後彼はエンジンを下ろし、全バラして自力でオーバーホールをしているところです。


同じく2年目小林の「朽ちかけ」GDAは秋の夜練でサイドターンを決めたところ「バコッ」という音とともにリアのロアアームのボディ側の付け根が完全に朽ちて終わりました。どうやらフレーム交換の路線のよう。。。

posted by 管理人 at 03:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

室工大ダートラ2022


みなさんこんにちは!

はじめまして、一年目の片岡です。
今回は10月22日に千歳で開催された室工大ダートラについてお伝えしようと思います。


photo_1.jpg
当日は清々しい晴天に恵まれた千歳。
北大自動車部からは9台22人がエントリーしました。


integra.jpgtsuyo_mirage.jpg

swift.jpgkuro_mirage.jpg

impreza.jpg86.jpg

celica_1.jpg
みなさんダートラを堪能していました。



私も借り物ミラージュで人生初ダートラ。
車を壊さない程度に頑張ろうと意気込んでいました。が、
初めてのダートラで楽しくなって調子に乗り、見事に刺さってしまいました。
同期の2人には大変ご迷惑をおかけしました。



さて、そんな私のやらかしが霞むほどの大活躍をしたのが黒ミラージュ。

photo_2_1.jpg
第一走でフロントバンパーが外れ、二走目では山に乗り上げ脱出不可に。
結局三走目を走れずに第一ヒートが終わります。


photo_3.jpg
第二ヒートではバンパーに加えてなぜかボンネットも外され、前面をむき出しの状態で出走。
他にもスタート直前でエンジンがかからなくなるなど多くのトラブルに見舞われましたが、なんとか完走することができました。えらい。



result.jpg
結果はこのようになりました。

現役クラスでは北大自動車部からは3年目辻さんを筆頭に3位〜7位、9,10位入賞となりました。
また、OB・OGクラスでは牛田さんが1位を獲得しました。

黒ミラージュはMVPを獲得しました。


一日を通して多くのトラブルに見舞われた室工大ダートラでしたが、幸い全員無事に札幌に帰ることができました。

以上、室工ダートラの報告でした!
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

posted by 管理人 at 20:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

七大戦2022 ダートラ編

七大戦 ダートラ編

こんにちは!3年目の辻です。ここからは、9月13日に切谷内サーキットパークで行われた七大戦ダートラの様子を報告したいと思います。

出走
4年目 武藤さん インプレッサGC8
3か月ぶりのダートラ
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_21.jpg
3年目 岩田 三菱ミラージュ
MIVECに入ると悲鳴が聞こえると噂の車
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_0.jpg
3年目 辻 トヨタ セリカ
2速が入ってくれません。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_1.jpg
2年目 久保田 ホンダ シビックEG6
この車は他大でも有名らしい。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_20.jpg
2年目 西江 トヨタ 86
砂利の練習したっけ?
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923.jpg
2年目 松村 スズキ スイフト
S__296296462.jpg

北大からは6台参加しました。7大戦クラス全体の出走が21台だったので、参加台数だけは他大を圧倒したことになります。参加台数だけは…。

車検直前でシビックのブレーキホースが裂けるという事件も起こりましたが、無事車検もパスし競技開始です。


HEAT1
北大からは松村スイフトが最初となりました。その松村が最初から土手に乗りあげてバンパーを落として帰ってきました。車は無事だそうです。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_4.jpg

そして武藤さん。1コーナーで刺さってました。

ヒート1が終わり、砂利勢は口々に「砂川と違いすぎてわからん!」と嘆いていました。トップとは8秒以上も差をつけられてしまいました。気を取り直して、焼きです。

LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_3.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_2.jpg

HEAT2
だいぶ路面が荒れ、タイヤが食わなくなってきました。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_6.jpg

LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_8.jpg

LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_7.jpg

LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_22.jpg
北大は全員、刺さることなく走り切ることができました。他大のインテが大変なことになっていましたが…
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_5.jpg



無事競技も終わり、結果発表となります。

D1クラス 7台
6位 松村 スイフト

D2クラス 13台
7位 辻 セリカ
8位 久保田 シビック
11位 岩田 ミラージュ
12位 西江 86

D3クラス 3台
2位 武藤さん インプレッサ
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_11.jpg

北大で唯一の表彰台!武藤さんおめでとうございます!


さて、終わってみると北大の完敗ですね。多分、スナガワでハイスピードなコースの練習しかしてこなかったからだと思います。今回の様なコーナーがきつくて起伏のあるコースは、立ち上がりをミスすると大きくタイムに響くのだと思います。来年はコーナーを重点的に練習しよう…

ジムカーナでポイントを稼ぎましたが、ダートラでポイントを取ることができませんでした。結局、総合順位は京大と同率の
5位
となりました。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_12.jpg

応援してくださったOB・OGの方々、支援していただいたklaxon倶楽部の皆様、ありがとうございました! 今年も無事、七大戦に参加することができました。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_23.jpg





最後に
SS(焼酎)を各大学に配りました。とても喜んで?いただきました。閉会式がないのがとても残念ですが、いつかまたSSを浴びる日を夢見つつ、七大戦ダートラの報告とさせていただきます。
LINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_14.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_15.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_18.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_13.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_16.jpgLINE_ALBUM_2022 七大戦in東北_220923_17.jpg

posted by 管理人 at 22:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月19日

北大ダートラ2022

こんにちは。二年目の谷口です。
記事の更新が遅くなってしまい大変申し訳ありません。
6月に行われた北大ダートラの記事です。
IMG_7109.jpeg
晴天の砂川で行われた北大ダートラ!!
北大勢は二輪駆動クラスでは表彰台を逃したものの、
辻さん、堀切さん、渡邉さん、久保田さん、小畑さんが5位〜9位入賞、
四輪駆動クラスでは武藤さんが2位表彰台を獲得しました。
blog1.jpg
おめでとうございます!

さて、筆者は生涯初めてのダートラで二輪駆動クラス21位でしたが......
競技終了後のフリー走行にて、島に刺さってしまいミスコース、部車86のウインカーが壊れてしまう事態に......
不慣れな状況ではあまり無理をしてはいけないことを学びました。
86ですが今は車検整備を終え、ピッカピカになって帰ってきました!
FZFHrMNUYAA-WgM.jpeg
これからも大切に乗っていきたいですね。

posted by 管理人 at 10:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

2022 コクピットジムカーナ

みなさんこんにちは、北大自動車部2年目の久保田です。
先日新千歳モーターランドで行われました、コクピットジムカーナについてブログを書こうと思います。
同学連クラスでは三年目三木さんが優勝、同じく三年目堀切さんが三位という結果を残しました!
IMG_3792.JPGIMG_3791.JPGIMG_3789.JPG
ところで筆者はというと…。
IMG_3683.JPG
快音を響かせ入賞目指すぞ!という意気込みも虚しく、なんとオイルをコース上に撒き散らすという大やらかし。当日は雨、コース清掃にあたるオフィシャルの方々、地区戦の大人の方々、何より自分の車が壊れたこと、全てが入り混じって「穴があったら入りたい!」そんな気持ちでした。大会関係者の方々、大変ご迷惑をおかけしました、申し訳ありませんでした。
そんなeg6は今では元気100倍!今度の北大ダートラでは優勝目指して頑張ります!
posted by 管理人 at 02:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月12日

2022 HOKKAIDO BLIZZARD RALLY

こんにちは!2年目の岩田です!

先日、『HOKKAIDO BLIZZARD RALLY』に参戦してきました。立春をとっくに過ぎたのにも関わらず当日の天気は吹雪。ブリザードの名に相応しいラリーとなりました。弊部からは3台、6人の部員が参加しました。

S__76488707.jpg
S__76488709.jpg
S__76488710.jpg

早速、結果を見ていきましょう。
北大自動車部からはジュニアクラスRA-2にて、ミラージュで出走した田中さん持本さんペアが2位、86で出走したユキトさん、利純ペアが3位、セリカで出走した辻と、そして私岩田が4位といった結果になりました。特に初出場の田中さんは車検取り立てのミラージュで奮闘していました!
トータルのタイムがこちら

S__76488711.jpg

あれれ〜?おかしいぞ〜?なんと我々セリカのタイムだけダントツで遅いではありませんか。。。実は今回の大会で私たち2人は、SS1の2コーナー目で刺さったり、挙句の果てにTCを通過してしまったりと信じられないミスを犯してしまったのです。(サービスの方もビックリ) こうして加算に加算を重ね、気づけばドベに。今回の大会を通して、我々は自分たちの勉強不足を思い知りました。この雪辱は必ず、夏のラリーで晴らしたいと思います。

ではまた。
posted by 管理人 at 10:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月19日

Freshman Trial in snow 2022

皆さんこんにちは、1年目の小畑です。
初めてブログを執筆させていただきます。

さて、北海道の冬の醍醐味と言えばやはりスノーアタックではないでしょうか。今冬の札幌は大雪に見舞われましたが、雪が降れば降るほど雪道を車で疾走したいという思いは強くなるものです。そんな我々の思いを知ってか知らずか、2月11日に千歳でFreshman Trial in Snow 2022なるイベントが開催されました。雪道を全力で攻めたいという熱い志を持った方々が大勢集まり、なんとエントリーは120台以上に。弊部からも10台余りが参加しました。ラリーを模したイベントで、SSは全部で4つ用意されました。本来、ラリーに参加するためにはロールバーや4点式シートベルト、ラリータイヤなどを装備しなくてはいけないのですが、本イベントではどんな車両でも出場が可能で、気軽にラリー気分を味わうことができました。

IMG_2284.jpg

午前にSS1とSS2、午後にSS3とSS4のタイムアタックがあり、私も自車スイフト(ZC31S)で出走しました。開会式にて刺さらぬようにという忠告があったので、細心の注意を払ってのSS1でした。あわやという場面があったものの、何とか完走することができました。続くSS2とSS3は非常に好調で、SS3に至っては同じスタッドレスFFクラスで出場している部員のうち、最も速いタイムをたたき出しました。先輩がどうやって走っているのかなどと尋ねてきたりしたので、まさに有頂天になっていました。そして迎えたSS4、あろうことか刺さってしまいました。調子に乗って頭〇字Dばりの突っ込みをしてしまったせいです。あの突っ込みにはさすがの拓海も驚きだろうと思います。そしてコーナーを曲がり切れず雪山にクラッシュしてしまったわけです。刺さった瞬間、脳内では当然の如く「Rage your dream」が再生されていました。救助が来るまでの間、刺さった車の横で後続車に合図をする時間はなんともいたたまれない気持ちでした。SS3まで速く走れたのはまさしくタイヤのおかげです。やはり国産新品スタッドレスの威力は絶大なのですね。

IMG_2281.jpg

他の部員の結果はというと、2年目の辻さんがスタッドレス軽クラスで、3年目の雪人さんがスタッドレスFRクラスで入賞されていました。おめでとうございます!私も腕を磨いて来年は入賞できるように頑張りたいと思います。

IMG_2289.jpg
posted by 管理人 at 02:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

2021 コクピットジムカーナ

こんにちは!北大自動車部二年目の市村です!
5/9にコクピットジムカーナが開催され、北大自動車部も参加させていただきました!
2021コクピット_210529.jpg
午前中はかなり雨が降り、路面がぬれていて滑りやすい状況ではありましたが、皆さんとても良い走りをしていました。そのジムカーナの結果は。。。2021コクピット_210529_2.jpg
FU-1クラスでは三年目の渡邉雪斗さんが優勝しました!同期の中では三木がパイロンタッチがなければ2位だったという好成績を残してくれました。なかなか惜しかったですねえ。今後の活躍に期待したいです。さて僕のタイムですが二回目ミスコースとなっています。ですが、僕はコースを間違えたわけではありません。じゃあなんでなんですかねぇ???その答えはこちら!!!
2021コクピット_210529_0.jpg
はい。僕が今ブログを書いている理由もこれです。ええ、人生初のジムカーナで刺さってしまいました。一本目はコースがわからず、かなり遅かったので、気合を入れて走り出しました。スタートからずっとアクセル全開で、2コーナーに差し掛かったら刺さったんですよ。思いっきりオーバースピードで突っ込んだのがよくなかったですね。ちなみに途中で土ですべってハンドルが聞かなくなったのも原因の1つですが。しかも馬鹿なのが刺さる直前まで曲がると信じてブレーキを踏まなかったんです。これにはOBの方も頭のねじが飛んでるんじゃないかとおっしゃっていました。僕はいつも公道ではかなりビビッて峠道とかかなりゆっくり行くので同期には遅いとかビビりすぎとか言われていたんですが、なぜかジムカではその恐怖心が出てくれず、危うく廃車にするところでした。
2021コクピット_210529_1.jpg
刺さった瞬間はそこまで車にダメージいってないと思ったのですが、状態を確認するとびっくり。フェンダーは思いっきりへこんでるし、車の足回りがいろいろ曲がってしまっていました。結局自走で帰ることができなかったので、後日パーツを持っていき、応急処置で修理して自走で帰ってから完全に修理しました。やっぱり自分の車が自分の実力不足で壊れてしまっているのを見ると、かなりへこみますね。ですが、ジムカ場ではいろいろな人に励ましていただきました。来年は励ましてくださった方々に、自車のアスティとともに自分が成長した姿を見せれたらと思います。
posted by 管理人 at 03:37| 北海道 ☔| Comment(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月17日

2021 新歓ダートラ@砂川

 こんにちは! 初めまして! 2年目の辻です。

 
 1年以上ぶりのブログの更新となってしまいました。皆様お久しぶりです。

 本題に入る前に、昨年度の様子を簡単に皆様にお伝えしようと思います。
 昨年度はコロナの関係で思うように活動ができず、七大戦も中止なり、部会はLINE通話での開催となってしまいました。それでも、コロナが落ち着いた昨年の秋ごろから新たに新入生が入部し、現在2年目は7人が在籍しています。

 さて、今回は今年の4月に行われた新歓ダートラの様子をお伝えします。
 

エントリー

6年目 田所さん
20210418 新歓ダートラ_210515.jpg

5年目 牛田さん
20210418 新歓ダートラ_210515_3.jpg

4年目 持本さん
20210418 新歓ダートラ_210515_2.jpg

3年目 武藤さん (新歓のためにはるばる函館から来てくださいました。)
20210418 新歓ダートラ_210515_0.jpg

2年目 辻
20210418 新歓ダートラ_210515_4.jpg

 この日は御覧のようにあいにくの雨模様で路面状況は非常に悪かったですが、私にとってはセリカでの初ダートで非常にワクワクしていました。6000回転を超えたあたりでハイカムに切り替わるあの加速を初めて体感し、とても楽しい一日となりました。

 ただ、水たまりに突っ込みながら走った結果、車の負担も大きかったようで…
20210418 新歓ダートラ_210515_5.jpg

 午後には5台中3台がエンジンの不調でダウンする結果に…。エアクリから水を吸ってしまったのが原因のようです。
 幸い、このあと自走で札幌に戻ることができました。

 新歓終了後は、コンビニで恒例の“じゃん”をして解散となりました。

 以上、新歓ダートラの模様をお伝えしました。来てくださった新入生の皆さん、ありがとうございました!皆様の入部を心よりお待ちしております!

20210418 新歓ダートラ_210517.jpg

おしまい
posted by 管理人 at 17:33| 北海道 ☔| Comment(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

86がやってきた^ ^

こんにちは。こちら2年目の秋元です。

緊急ニュースが入りました。
1ヶ月ほど前、北大自動車部室周辺にて非常に大きな積載車が現れました。載っていたのはトヨタ86ラリーカー。
実際の写真がこちら
IMG_4166.JPG

第一発見者の部員10名はいずれも驚きを隠せない様子
部員A「すげー!」
部員B「おおー!」
部員C「..........!」

大学生とは思えない稚拙な表現で己の気持ちを表現している模様

インタビューをしてみました。
私「今のお気持ちは?」
部員D「なんて言うのでしょうか...子どものころ森に遊びに行ったらヘラクレスオオカブトを見つけたようなおどろきです。」

これまたセンスのない回答が返ってきました。


さて、この86ラリーカーがなぜ我が部にやってきたのかお伝えします。
この86は株式会社トヨタカスタマイシング&ディベロップメント TRDという会社から自動車部に寄贈されたものです。
TRDに北大自動車部のOBが務めており、86の開発事業が一通り終わったので母校にあげちゃえーと大胆なご好意により頂きました。
この86は実際のラリーにも出場し優勝も経験したものになっています。当然、開発のための費用も莫大で部にある車とはスペックが違いすぎます。そして、おそらく部の中で一番きれいでしょう。
IMG_4167.JPG

さらに、サスペンションやラリータイヤ、替えバンパーなどの部品もたくさんつけていただきました。さらにさらに本州から部室までの陸送費も負担していただきました。とても太っ腹でカッコイイですよね。
実際お会いしたTRDに勤めている方はフレンドリーで優しく、気さくな方でした。TRDという会社は楽しく自由な会社であると確信しました。

今回お世話になったTRDとは一体どういう会社なのか、ぜひこちらをご覧ください。


我々が感謝の気持ちを伝えるすべはもう走るしかないでしょう。86で走り、結果を残すのです。部員の皆さん、頑張りましょう。
ヘラクレスオオカブトは森の中で発見するから輝いてみえるのです。檻の中で見守っていても価値は失っていくばかり。危険を顧みず解き放っていきましょう。

これまた稚拙な表現で失礼しました。

では、また!
86_joutoshiki20200203_2.JPG














posted by 管理人 at 12:49| 北海道 ☔| Comment(0) | 部行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする